Cosimo Maria Masini

​コジモ・マリア・マジーニ

​(トスカーナ、サン・ミニアート)

1/28

フィレンツェ西方ピサ県のサン・ミニアートに位置する、フランチェスコ・デ・フィリッピス氏が営む蔵元。海岸線から約50km東方、アルノ川及びエルザ川流域の丘陵地に位置するヴィンヤードは44ヘクタールに渡り、海岸から吹く穏やかな風と北方からのトラモンタナがミクロクリマに影響を与えている。粘土質土壌は多くのシルトと化石を含んでおり、250万年前には同ヴィンヤードが海底であったことが伺える。同ヴィンヤードを含むエリアは、19世紀中頃、リドルフィ家が最初にワインの生産を始めた地でもあり、同カンティーナのセラー及びセメント漕は、マシーニ氏の引継後に当時から存在するものを新たに改修したものである。現在44ヘクタール中12ヘクタールをワイン栽培の為に使用、ビオディナミ農法を採用する同カンティーナではテロワールに即したナチュラルなワイン造りに努めている。

  • Annick IGT  アンニック 

  • Daphne IGT  ダフネ 

  • Matilde IGT  マティルデ 

  • Chianti DOCG  キャンティ 

  • Sincero IGT  シンチェロ 

  • Nicole IGT  ニコーレ 

  • Cosimo IGT  コジモ 

  • Fedardo, Vin Santo del Chianti DOC  フェダルド