Dalle Nostre Mani

​ダッレ・ノストレ・マーニ

​(トスカーナ、フチェッキオ)

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/10

トスカーナ州エンポリ西方約10kmのフチェッキオに位置する、ラポ・タルデッリ氏とジュリオ・W・ロゼッティ氏の小さな蔵元。主として契約農家から購入するぶどうでワイン醸造を行う彼らだが、自然保護区であるフチェッキオ湿地帯にまで伸びる契約農家等の畑(現在は11つの畑)では自然農法が採用され、剪定から収獲まで全てが手作業。畑はいずれも代々受け継がれてきた歴史のあるものばかりで、樹齢の高い古木が多く、トスカーナを代表するサンジョヴェーゼ、トレッビアーノの他、希少土着品種のプニテッロやフォッリア・トンダ等も栽培されている。醸造においてもプレスからボトリング、ラベル貼りに至るまで、全てが手作業。「高齢であり経験豊かな契約農家である彼らの知恵、経験、アドバイスのおかげで、過去と未来との調和をとりつつブドウ栽培とワイン醸造における伝統と現代の融合を実現することが出来た。ワインに詰められた香りや味わいを通して、自分達のアイデンティティが伝わる様、日々努力している。1本のボトルに詰められた努力と伝統との繋がりが、新しい感性へと導いてくれる。」とジュリオ・ロゼッティ氏は語る。

gagio (2).JPG

Gagio, Bianco Toscano IGT ガジョ

ぶどう   トレッビアーノ100 

畑           ラジャティチ 南向き  海抜280m 粘土質土壌 ミディアムテクスチャー

収穫          9月中旬

醸造          温度管理されたステンレスタンクによる発酵(天然酵母)シュール・リー  

SO2    99 mg/l   

arialdo (2).JPG

Arialdo, Rosso Toscano IGT アリアルド

ぶどう   サンジョヴェーゼ100 

畑           チェルバイア 南西向き 海抜350m 粘土質土壌 ミディアムテクスチャー

収穫          9月上旬

醸造          温度管理されたステンレスタンクによる発酵(天然酵母)

SO2    98 mg/l   

chanti classico 101.JPG

Chianti DOCG "101" チェントウノ

ぶどう   サンジョヴェーゼ80 カナイオーロ20 

畑           粘土質土壌 南西向き 樹齢30年以上 カポヴォルト・トスカーノ方式

収穫          9月下旬

醸造          テンレスタンク、天然酵母、マセレーション14日間

熟成    大樽(25hl、9ヶ月) 

SO2    118 mg/l