Marco Merli

​マルコ・メルリ

​(ウンブリア、ペルージャ)

1/14

アルタ・ヴァッレ・デル・テヴェレ丘陵、ペルージャに近い小さな町、カーザ・デル・ディアヴォロにある小さな蔵元。服飾デザインを営むメルリ家で育ったマルコは、父とともにワイン造りに目醒める。2002にぶどうの木を植え、2005年からワイン造りを始めた。このエリアの畑は石灰岩を含んだ粘土質土壌、もしくは砂質土壌から成り、表層部はロームと石灰岩に覆われる。ぶどう栽培には非常に適し、そのぶどうから造られるワインは、近代的醸造学の技術を必要としないピュアな仕上がりとなる。畑では有機農法を採用し、若干の有機肥料を用いる。ワイングラスの中に真実をもたらすことが自分達にとって基本的な信念だとマルコは語る。現在、ぶどう栽培は7ha、5つの畑で行われ、それぞれ異なる標高と土壌を有しており、それぞれ適した畑でサンジョヴェーゼ、メルロー、カベルネ、トレッビアーノ、グレケット、マルヴァジアを栽培する。年間生産本数13,000本。

  • 1519 Bianco IGT  1519 ビアンコ 

  • Brucisco Bianco IGT  ブルチスコ・ビアンコ 

  • Mosco IGT  モスコ 

  • 1519 Rosso IGT  1519 ロッソ 

  • Tristo Rosso IGT  トゥリスト・ロッソ