Dalle Ore
​ダッレ・オーレ
​​(ヴェネト、トゥリッシノ)

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/15

ダッレ・オーレ家のヴィットリオ、マルコ、ルチアーノが運営する、ヴィチェンツァ近郊のアンノ渓谷で最も古い歴史をもつ畑、紀元前からワイン造りが行われてきたトゥリッシノ丘陵の「ラ・ベルトラ」と呼ばれる区画を有する蔵元。1903年、彼らの曽祖父であるジローラモ・ダッレ・オーレ氏が畑を購入、ぶどう栽培及びワイン造りを始め、2006年にワイン造りを始める。アンノ渓谷では、昔から農業にまつわる独自の「ルール」が受け継がれてきた。環境を総括的にとらえ、動植物に敬意を払い彼らの生息地を維持するため、耕作地は全体の8割以下に留める。土地の個性を維持するため微生物相や帯水層にダメージを与える化学肥料や除草剤を使わない。彼らもこのルールに従い、土地の個性を表現したワイン造りを行っている。「曽祖父が抱いていた情熱と自分達の土地への愛情と共に、自然農法を実践しているよ。自分達のぶどうは知恵によって育てられ、忍耐力と共に収穫され、そしてワインは情熱とともに造られる。自分達のワイン造りはいつも自然に従い、最小限の介在がなされるだけ。ぶどうからワインへと姿を変える中、テロワールがその独自の個性を表現出来る様に務めているよ」とマルコは語る。

 
label calesio.jpg

Calesio

​カレシオ

ぶどう

ドゥレッラ100

1.8 ha 南西及び南東向き 海抜300 m

火山性粘土質土壌 ダブル・グイヨ方式 85 hl/ha

収穫

ハンドピック(8kg バスケット) 9月中旬

醸造

メトド・シャルマー 天然酵母による1次発酵(温度管理されたステンレスタンク)

SO2

6 mg/l

 
label mappale77.jpg

Mappale 77

​マッパレ 77

ぶどう

シャルドネ50 ピノ・グリージョ45 リースリング5

2.3 ha 南東向き 海抜300 m

火山性粘土質土壌 ダブル・グイヨ方式 55 hl/ha

収穫

ハンドピック(8kg バスケット) 9月中旬

醸造

温度管理されたステンレスタンク

SO2

69 mg/l

 
la garganica.jpg

La Garganica

​ラ・ガルガニカ

ぶどう

ガルガネガ100

0.8 ha 南西及び南東向き 海抜300 m

火山性粘土質土壌 ダブル・グイヨ方式 80 hl/ha

収穫

ハンドピック(8kg バスケット) 9月中旬

醸造

ステンレスタンク マセレーション(30日間)

SO2

45 mg/l

 
852 hz riesling.JPG

852 HZ Riesling

​852 HZ リースリング

ぶどう

リースリング100

0.7 ha 南西及び南東向き 海抜300 m

火山性粘土質土壌 ダブル・グイヨ方式 65 hl/ha

収穫

ハンドピック(8kg バスケット) 9月初旬

醸造

温度管理されたステンレスタンク シュール・リー

SO2

36 mg/l

 
cabernet sauvignon.jpg

Cabernet Sauvignon

カベルネ・ソーヴィニョン​

ぶどう

カベルネ・ソーヴィニョン100

4.5 ha 南西及び南東向き 海抜300 m

火山性粘土質土壌 コルドン方式 65 hl/ha

収穫

ハンドピック(8kg バスケット) 9月中旬

醸造

​オーク発酵槽による発酵(80hl、天然酵母) オーク樽熟成(12ケ月) 

SO2

58 mg/l

 
Pinot Nero_edited.jpg

Pinot Nero

ピノ・ネロ​

ぶどう

ピノ・ネロ100

1.3 ha 南西及び南東向き 海抜300 m

火山性粘土質土壌 ダブル・グイヨ方式 70 hl/ha

収穫

ハンドピック(8kg バスケット) 9月初旬

醸造

​オーク発酵槽による発酵(40hl、天然酵母) オーク樽熟成(24ケ月) 

SO2

61 mg/l

 
cabernet franc.jpg

Cabernet Franc

カベルネ・フラン

ぶどう

カベルネ・フラン100

2.0 ha 南西及び南東向き 海抜300 m

火山性粘土質土壌 コルドン方式 35 hl/ha

収穫

ハンドピック(8kg バスケット) 9月初旬

醸造

​オーク発酵槽による発酵(40hl、天然酵母) オーク樽熟成(12ケ月) 

SO2

60 mg/l